工房通信

剣 道 2 段
 



49歳!苦節! 2年半!

勢いではじめた剣道ですが、とうとう2段をいただけました!感謝!!

2月24日高松市体育館で昇段審査があり合格!




↑剣道形の審査の風景です


剣道へのまだ短い道のりを下記に・・・(気持ちはけっこうマイブーム!)


長男が小学校3年の春、剣道を始めました

送り迎えで道場に通う間に、礼儀作法をいっしょに教えてもらうようになり

日常の動作も含めて、、「ああ!なるほど!そういうことなんだ」てな驚きがいっぱいあって新鮮に感じることが多くありました



そして、夏を過ぎたころ、とうとう竹刀を買ってしまいました

47歳

高松の道具屋で言われるがままに竹刀を組んでもらうのですが・・・・

年が年なので高価で立派なものを進められ、断れなかった思い出があります

今思うと随分不釣合いな道具であったような・・・


そして年末にはとうとう防具が届きました

そのころには師範のアドバイスももらえるようになり、「腕と年」相応の道具を世話していただけました

その時の気持ちは、「その内子どもに譲ればいいか・・・」でした

まさか本気で稽古を続けるとはその時は思いもしなかった・・・・


稽古は週3回火木土

これを続けるのが結構つらい

稽古の後のビールが上手いのは分かっているけど、夕食時に呑めない!

休むと休み癖が付くので、寒くても、暑くてもなるべく1週間は空けないようにしました


そして、翌年からは、下の子も剣道をはじめたので、3人で道場通いになりました

私がサボると子どもたちもニヤニヤしながら「お休み」の看板を上げてしまいます

稽古は「自分との戦い」なのに、「子どもたちとのメンツ争い」と化してしまいました(笑)


とはいえ、彼らのおかげで2年半無事続けられたのだから、子どもたちにも感謝!かな?

おまけに2段までもらってしまい、こりずに面倒を見てくれる師範の方々にも感謝です




さて、後どれぐらい続けられるか・・・勝負!しょうぶ!ショウブ!



2008-2-26